旅行記

ホーチミンのメコン川クルーズに行ってきた!子連れベトナム旅行記

相談者
相談者
ホーチミンに行ったら、メコン川クルーズに参加したい!おすすめのオプションツアーってどこ?

そんな悩みにお答えします。

ショウコ
ショウコ
2019年12月、我が家もホーチミン旅行でメコン川クルーズ行ってきました。情報をシェアさせてくださいね。

 

  • パパ
  • ママ(私)
  • 長女・小3
  • 次女・小2

以上の、4人で行ってきました。

 

滞在期間は、4泊5日です。

この記事は、幼稚園~小学生くらいまでのお子さんを連れて、ベトナム旅行を計画しているご家族にピッタリです。

今回は、ホーチミンのメコン川クルーズについてまとめます。

 

ホーチミンのメコン川クルーズは、オプションツアーが便利

ホーチミン旅行に行ったら、ベトナムの自然と文化を満喫できるメコン川クルーズに行くことをオススメします。

我が家は、旅行会社のパックツアーには参加せず、自由旅行にしました。

しかし、メコン川クルーズに関しては、ホーチミンから距離が離れているし、船のチャーターも必要なので、個人での計画が難しそうでした。

なので、現地オプショナルツアーに参加することに。

 

我が家は、【ベルトラ】にお願いしました。

ショウコ
ショウコ
結果、参加して大満足でした!

 

交渉や手配の手間もなく、日本語ができるベトナム人ガイドさん(女性)が、てきぱきと案内してくれました。

我が家が参加したのは、一番人気!メコン川クルーズ日帰りツアー 遅め出発やスパ付プラン有!人気チョコレート店「マルー」解散可<現地ガイド(日本語可)/象耳魚の昼食>*無料WiFi搭載車
というコースです。

朝から夕方までゆっくり楽しめます。

料金は、

  • 大人USD 40.00
  • 子供(7~11歳)USD 21.00
  • 幼児(0~6歳)無料

という低価格の基本プランを申込みました。

正直、安いし大したことないだろうと、全然期待していなかったのですが、すごく良かった!!

だって、4人家族で、1万円ちょっとですよ。

そんな金額で、【メコン川クルーズ+ランチ+島の名所】を日本語ガイドさん付きで周れるなんて、めちゃくちゃお得なオプショナルツアーだったんです。

 

さてさて、次からツアーの流れをご紹介します。

ホーチミン発メコン川クルーズは、こんな感じ

朝8時ころ、ホテル前まで、ベルトラのバスがお迎えに来てくれます。

バスの中はしっかりエアコンも効いていて快適です。

が、ちょっと寒く感じる方もいるので、長袖の上着は持ちましょう!

メコン川ツアーのバス移動には、カーディガンなどの上着を持とう!

 

高速道路に乗って、ビュンビュン進みます♪

バスで2時間ほどで、メコンデルタの町、ミトーに到着。

 

ここでいったん、トイレ休憩が入ります。

トイレは、トイレットペーパーがありますが、流してはいけません!

ペーパーやナプキンは、ごみ箱に捨てましょう。

 

続いて、ミトーから船に乗って、トイソン島に移動します。

トイソン島では、現地の方たちの日常生活が営まれていますが、島全体が観光名所になっています。

最初は、徒歩で島の中を散策します。

私たちが訪れたのは12月でしたが、かなり暑かったです。

日差しをさえぎるものがないので、帽子や日傘は必須です。

熱中症予防に、塩あめも持っていくと良いです。

島の散歩は暑い!日本の夏と同じ、熱中症対策グッズを持っていこう!

 

島の中は、徒歩とゴルフカートで移動します。

ゴルフをしないでゴルフカートに乗れるとは(笑)

 

島の中は、まさにフルーツ王国!

至るところに、モンキーバナナやジャックフルーツやカカオなどが生えています。

 

ショウコ
ショウコ
お子さんが高いところになっている果物を良く見られるように、双眼鏡を持っていくと楽しいですよ!

 

子連れホーチミン旅行の持ち物リストはこちら▼

ホーチミン旅行【持ち物】子連れでベトナムに行ってきた!心配性のママ必見! そんな悩みにお答えします。 パパ ママ(私) 長女・小3 次女・小2 ...

 

ココナッツの加工場では、地元の方が、ココナッツの皮むきを実演してくれました。

ものすごいスピードで固い皮をむいていきます▼

ショウコ
ショウコ
出来立てのココナッツキャンディーも試食させてもらいました。

 

ガイドさんが繰り返し言っていたのは、「ココナッツには、捨てるところがない。」ということ。

例えば、ココナッツからこんなにたくさんのものが作られています▼

  • ココナッツジュース
  • ココナッツミルク
  • ココナッツオイル
  • ココナッツキャンディー
  • ココナッツマット
  • ココナッツロープ
  • ココナッツの屋根

などなど

身から皮まで、使い倒せる自然の恵み。

長女
長女
ココナッツって、ここに住んでいる人たちの暮らしを支えているすごいフルーツだね!

 

さて、いよいよ、メコン川クルーズに出発します!

小舟に乗って出発です。

 

最初乗るときに、足場がゆらゆらしますが、大丈夫。

舟の前後には、プロの漕ぎ手がいますので、舟が倒れるようなことはありません。

クルーズは5~10分くらいですが、ジャングルみたいな木陰の中をスイスイ進んで、本当に楽しいです。

細い川ですが、小舟が次々行きかって、けっこうにぎわっています。

ベトナムの笠(ノンラー)もかぶらせてもらいました♪

 

ショウコ
ショウコ
めちゃくちゃ楽しいので、お子さんが興奮して暴れないように、声かけしてください。笑

 

メコン川付近には、「チップの文化」があります。舟をこいでくれた方に、「チップ!」と言われたら、20,000ドンくらいをあげてとガイドさんに教わりました。

 

メコン川クルーズのチップは、20,000ドンくらいが相場。

 

さて、お楽しみのランチです!

トイソン島から、メコンデルタの町ミトーに戻ります。

再びバスに乗って、20分くらい走ったところに「メコンレストストップ」というレストランがあります。

そちらで頂いたのが、メコン川名物「エレファントイヤーフィッシュ」です。

丸焼きなので、ちょっとびっくりしました。笑

白身のしっかりした肉を、生春巻きにして頂きます▼

 

ショウコ
ショウコ
ベトナムの辛いタレにつけて食べると、最高においしい!

ランチメニュー
– 象耳魚(エレファントイアーフィッシュ)の唐揚げ
– 丸い揚げ餅
– 海老フライとポークのチャゾー(ベトナム式の春巻き)
– フーティユ(米麺)
– チェー(ベトナムで人気のスイーツ)

 

 

帰りのバスは、みんな疲れてグーグー寝てました。笑

2時間ほどで、ホテル前に到着。

希望すれば、

  1. ベンタイン市場
  2. ドンコイ通り
  3. チョコレートカフェ「MAROU(マルー)」

のうちから選んで降りることができます。

 

ショウコ
ショウコ
子供たちが元気なら、そのまま観光を続けて楽しめます!

 

という訳で、家族1万円ちょっとで、一日スムーズにメコン川クルーズツアーを終えることができました。

お子さん連れで、メコン川クルーズを安全に楽しむなら、現地オプショナルツアーがおすすめ。

トイレ休憩や観光案内をきっちりしてくれる、日本人向けのツアーで大満足の一日でした。

 

\子連れも安心!/

メコン川クルーズを見てみる

 

ホーチミンのメコン川クルーズに持っていくべきもの

ほぼ一日かかるツアーですので、しっかり準備してきましょう!

酔い止め薬 バスに往復4時間乗ります。乗り物酔いしやすい人は必須。
カーディガン バスの中がエアコンで冷えます。羽織るものを持参しましょう。
日傘・帽子 島は、直射日光にさらされることが多いです。
ペットボトル水 島にも売っていますが、多めに水は持ちましょう。
双眼鏡 高いところになっている果物がよく見えます。
トイレ用ティッシュ トイレに紙がないこともあります。ティッシュやおしりふきがあると安心。
細かい紙幣 島でお土産を買ったり、チップをあげます。10,000ドン・50,000を多めに。

 

 

今回の記事は、このあたりで終わります。

 

その他のおすすめ記事はこちら▼

ホーチミン旅行【持ち物】子連れでベトナムに行ってきた!心配性のママ必見! そんな悩みにお答えします。 パパ ママ(私) 長女・小3 次女・小2 ...
ホーチミン旅行のお土産は何をどこで買うべき?子連れでベトナムに行ってきた! そんな悩みにお答えします。 パパ ママ(私) 長女・小3 次女・小2 以上の、...
ホーチミン水上人形劇(ロンヴァンゴールデンドラゴン)に行ったよ!子連れベトナム旅行記 そんな悩みにお答えします。 我が家は、 パパ ママ(私) 長女・小3 次女・小...
ホーチミンマッサージ【miumiuスパ】に行ってきた!メニューや口コミは? そんな悩みにお答えします。 ベトナムはマッサージが安い! 日本の半額~1/3以下の値段で、日本と同じ...

 

ショウコ(@Shokonoeigo