生活の知恵

シングルファザー必見!娘の生理準備【おすすめしない】ナプキンや生理用品

この記事は、

  • シングルファザーになって娘を育ててるが、今後の女性としての成長が不安だ…
  • 特に、生理の準備どうしよう…全然わかんねーよ!!

そんな世の悩めるパパさん達に書いています。

 

今回は、

娘の生理準備【おすすめしない】ナプキンや生理用品

についてまとめます。

⇒おすすめを知りたいパパはこちら

 

★おすすめしない理由は以下の2つ

  • 使いづらい
  • 衛生管理が難しい

 

生理中は、娘さんが自分で血液をコントロールする期間。

取り扱いが難しい生理用品は、最初は避けるべし!

 

では、具体的に【おすすめしない商品】をご紹介していきます▼

シングルファザーの娘の生理準備【おすすめしない】ナプキンや生理用品

布ナプキン

布ナプキンは、名前通り、「布製のナプキン」です。

例えば、こんな商品▼



布で作られていて、洗って繰り返し使えます。

布ナプキンは、一般的な使い捨てナプキンの中に含まれる、ポリマーが入っていないので、デリケートゾーンを冷やす心配がありません。

冷えは、生理痛の原因となります。

なので、生理痛がひどい女性が好んで使う傾向があります。

また、手芸が好きなら、好きな布柄で手作りする楽しさもあり、過去に布ナプキンブームがあったほどです。

実は、私も布ナプキンは使ったことがありますが、次の理由でやめてしまいました。

  1. 血の管理が危険
  2. 血を洗うのが手間
  3. 洗っても血液のシミが残る
  4. 洗濯物として干しづらい
  5. 外出先で取り替えづらい

とにかく布ナプキンは、管理に手間がかかるのです。

赤ちゃんのオムツも、紙か布かで意見が分かれるところですよね?

それと同じです。

血液の場合、触ったり、水道に流したりして良いものなのでしょうか?!

病院でも、血液は厳重に取り扱われていますよね。

 

小中学生頃に初潮を迎えて、すぐ布ナプキンを安全に管理するのは難しいです。

洗面で布ナプキンを洗うと、血液の飛び散りもきになります。

 

なので、これから生理を迎える娘さんには、使い捨てナプキン一択と思います。

慣れてきたら、布ナプキンのメリット・デメリットを本人が検討して、使い始めても良いかと。

【関連記事】⇒シングルファザーが娘に準備すべきナプキンまとめ

 

タンポン

タンポンは、膣に直接血を吸うコットンをいれて血液を吸います。

例えば、こういう商品▼

 

タンポンは慣れれば、

  • 快適
  • 安全性も高く
  • 取り替える頻度も減る

メリットも多い生理用品です。

しかし、初潮を迎える娘さんにはかなりハードルが高いはず。

タンポンの装着には、何度か練習が必要です。

そこでつらい思いをしてほしくないので、おすすめしない商品にいれました。

最初は普通のナプキンがおすすめです!

 

うさぎのパッケージの「オーガニックコットンナプキン」

オーガニックコットンのナプキンについては、

肌の弱い(敏感肌・アトピーなど)の娘さんにはおすすめです!と記事にまとめました。

シングルファザー必見!娘の生理準備。肌が弱い、敏感肌、アトピーの女の子におすすめナプキンこの記事は、 シングルファザーになって娘を育ててるが、今後の女性としての成長が不安だ… 特に、生理の準備どうしよう…...

 

ただ、”この商品”だけは、肌への快適さを求めるあまり、取り扱いがけっこう難しいので、おすすめしないナプキンに分類しました。

うさぎマークのオーガニックコットンナプキン▼

おすすめしない理由
  • 粘着が弱い
  • ずれやすい
  • 厚みがある
  • 吸収力が弱い

デメリットはいろいろあるものの、肌への負担が少ないので、リピーターも多い人気商品ではあります。

私も使ったことありますが、ナプキンのよれと吸収の弱さが気になります…

もし、オーガニックコットンのナプキンが欲しいなら、こちらの記事でご紹介した、次の2商品の方が断然良いと考えます。