どんぐり倶楽部

【通知表公開】どんぐり倶楽部の成果?我が家の小学生姉妹の現在の学力は?

どんぐり倶楽部を知って、8年ほどの家庭です。

小学生6年生と5年生の子どもがいます。(2022年現在)

この記事の最後に、どんぐり倶楽部の効果の結果?!として、最新版の二人の「あゆみ」(通知表)をのせておきます。

あゆみ公開前に…どんぐり倶楽部は、ここ1年、ぶっちゃけほとんどやってない!!(笑)けれど効果は…!

いきなりすみません。

正直に書きたいので。

最初の3年くらいは、月2・3問ペースで解いていました。

残りの期間は、月1問とか本当にごく少ないペースになりました。

そして、ここ1年は、ほとんどやってません(笑)

どんぐり俱楽部の問題は、夏休みや冬休みなど、暇で仕方ない時に解く「暇つぶしアイテム」的な存在になりました。

教科書以外、学習教材がないので、どんぐりしかないね…(^^;って感じで手を伸ばしています。

 

すっかりインドア派の姉妹。

テレビも見るし、本もめちゃくちゃ読んでます。

だから、決して「どんぐり倶楽部やってます」とは言えません。

(どんぐり倶楽部は、メディアや多量の読書を推奨していない為。)

どんぐり倶楽部の糸山先生の考える、どんぐり式教育ではないです。

 

現在は、家で

  • 勉強しない
  • 自由に過ごす
  • 好きなことをする

という点だけ重視して過ごしています。

※宿題は、やりたい時はやり、やりたくない時は、私がやってます。(=宿題しますマシーンってやつですね。)

 

最近、ほとんどどんぐり問題は解いていないものの、どんぐり倶楽部から獲得したものはかなり大きいと感じています。

特に、「視考力」(”イメージ”で思考する力)の効果が大きいです。

最近は、どんぐり倶楽部の問題をあまり解いていないものの、我が家の子ども達は、学校の学習でどんぐり式を勝手に応用しています。

そして、下で公開しますが、通知表がすごく良いです。

「視考力」については、どんぐり倶楽部のキソ知識編に書いています。

 

本当に、親の私たちは楽です。

特に予習などもなく、学校の授業を受けることだけが、今の娘たちの「学習」です。

  • 塾代
  • 通信教育代

など、全くかかってません。

中学受験もしないので、毎日のんびりです。

とはいえ、周囲のお友達は中学受験する子が多く、「どんな勉強してるのか?」興味津々。

そんな時は、中学受験の算数問題を解いて満足しています。

どんぐり式だと、「つるかめ算」とか「植木算」とか使わずに、勝手に自力で解けるようになります。

どんぐり倶楽部で数年育てて現在に至る、子ども達の通知表公開

では、通知表を公開します。

長女が小学5年生。

次女が小学4年生。

当時のあゆみです。

二人とも、どんぐり俱楽部以外の学習教材は、学校の教科書のみ。

塾にもいかず、通信教育もやってません。

(数年前、チャレンジのクリスマスボックスがどうしても欲しくて、1か月だけ頼んだくらい。笑)

では、最新の通知表です▼

 

【左:長女5年生/右:次女4年生】

 

二人とも、学習系はほとんどAです。

体育が苦手です。(笑

 

どんぐり倶楽部の効果の記事で詳しく書いたのですが、

どんぐり問題を月2~3問ペースでも解いておくと、学校の勉強がめちゃくちゃ簡単

になります。

例えば、小学校5年生の算数で、「速度」や「割合」という単元があります。

理解に苦労するクラスメイトが多い中、「教科書の内容は簡単すぎて、何が難しいのか意味が分からない。」というほどです。

どんぐり倶楽部の算数文章問題で、小さいころから言葉のイメージ化をさんざんやってきたので、教科書の問題がシンプルすぎると感じるからです。

そもそも、教科書にすでに「イメージ」が載っていることも多く、それを見ても分からない友達を理解できないとも言っています。

 

というわけで、学校のテストは毎回90-100点が当たり前になります。

どんぐり式「視考力」は算数だけでなく色んな教科に応用できるので、教科に関わらず良い点数が取れています。

 

100点のテストは、すぐ捨てます。

間違えた問題を、ノートに貼って終了です。(=分からん帳)

分からん帳の問題は、1年後くらいに見直してみます。

すると、何で間違えたかた分からないくらい簡単になっているんですね。

(子どもが勝手に成長しているから。)

昔のどんぐりお絵描きノートや分からん帳を見ると、当時の絵や文字が面白く、親子で大笑いしています。

どんぐり倶楽部の問題をほとんど解かなくなった現在と今後

娘たちももうすぐ12歳。

どんぐり卒業の時期が間近です。

問題もたくさん残っているのですが、今後も「解きたい時に、解きたいだけ解く」ペースでいいかな。と思っています。

親の私は、

  • 家族の時間・会話を大切にする
  • 毎日、スケジュールに余裕を持つ

とにかく、この2つは守っていきたいなーと思いながら、間もなく12才どんぐり卒業が間近となりました。